IJF柔道衣規格・服装規定(赤ラベル新規格)

以下の規格に基づいて製造された柔道衣は、「IJF(国際柔道連盟)」認定柔道衣であり、右図の下図のIJF赤ラベルが
つけられています。オリンピックをはじめとする国際大会で着用することが可能です。

IJF赤ラベル

各種規格・服装規定

コントロール面

  • ・袖は、柔道衣コントロールを受けるときの高さまで上げた時、手首を含め柔道衣に覆われていなければならない。(図1参照)
  • ・胸骨の一番上から襟の重なりあう部分まで垂直で10㎝未満でなくてはならない。(下記の図2の矢印の部分が10㎝未満)
  • ・上衣の併せ目は、水平で少なくとも20㎝なくてはいけない。( 下記の図3の矢印の部分が最小20㎝)
  • ・上衣丈は、でん部を覆っていなければならない。ただし、ひざ上からの余裕は10cmを確保されてなければならない。
  • ・ズボンは、ひざの所で10~15cmの余裕がなければならない。

規格面(主要部分)

  • 1. 綿混紡率が70%以上のもの。綿以外の素材(30%以下)については、化学繊維の使用を認める。
  • 2. 上衣刺し子生地部分の引張り強度が2,200N°以上かつ1㎡あたりの重量が650g~750gである事。ただし+-5%のアロワンスは認める。
  • 3. 生地の織り方は規定書に基づく。
  • 4. 襟幅は最大4cmとし、襟は4筋縫い。内部芯材は規定に基く。折曲位置から5cmの箇所に10kgの重しを置き、最大の高さが3.5cm以内。
  • 5. 白柔道衣は白または白に近い色。ブルー柔道衣は指定パントーンカラー色(全柔連規定はブルーは認定しない。2019年現在)である事。

本規定に基づいた柔道衣着用が義務とされた国内大会

  • IJF赤ラベルおよび、赤JUマーク付きの柔道衣適用大会は、2017年4月より下記表にある大会で義務付けられています。柔道衣コントロールは、上記新IJF規定で実施されます。
  • ・黒帯は、IJF赤・青ラベル及びJU赤・黒どちらのマーク付でも可です。
  • ・形競技大会で、赤帯および紅白帯の着用があった場合は、本規定の帯部分規定は免除されます。(IJF形選手権は、IJF認定黒帯着用)
  • ・帯の結び目から両端までは20cm~30cm程度の長さがなければならない。
  • ・下記大会では、女子も黒帯(白線なし)着用となります。(は、大会実行委員会で検討。)
一般 ジュニア・カデ 高校生 中学生
全日本選抜体重別選手権 全日本ジュニア体重別選手権 インターハイ 全国中学校柔道大会
皇后杯全日本女子柔道選手権 全日本カデ体重別選手権 全国高等学校定時制・通信制大会 近代柔道杯全国中学校柔道大会
全日本柔道選手権 全国高等学校柔道選手権大会
講道館杯全日本体重別選手権
全国教員大会
国民体育大会柔道協議会
全日本形競技大会

対象製品